キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AEDについて・・

AEDについて、少し。

AED(自動体外式除細動器)はその名の通り、除細動機器です。
つまり、心室細動にのみ有効なんです。
心室細動を起こしていない限り、AEDは通電しません。(スイッチ押しても通電しません)
そういう医療機器なんです。

私は、普通救命講習を受講したので、少ない知識ではありますがその程度は覚えています。

今回の松田選手の症状は心筋梗塞。ざっくり言えば、心臓が停止している状態。
詳しい症状は判っていませんが、心室細動を合併してればAEDでの蘇生は可能だったと思います。

一部の報道ではAEDがあれば蘇生できたと、医師が語っています。

これ、本当ですよね?
「心筋梗塞を起こしたら、自動体外式除細動器(AED)ですぐに処置すれば心拍が回復するということは、われわれには常識」
私が講義を受けたのと、少し内容が違いますが・・・。
AEDはその取扱いの簡単さから普及が進んでいますが、あの機械はマニュアルで通電は不可能です。

確かに、我々一般人にとっては、心筋梗塞か心室細動かなんて見分けられません。
とりあえず、AEDをかけてみるでしょう。
でも、その時AEDは心室細動を起こしていないとして、通電を行わなったら?
切羽詰まった状態では、パニくると思います。
大事な心臓マッサージを忘れてしまうかも。

何が言いたいかといえば、AEDは確かに蘇生の可能性を高めてくれる機器ですが、万能ではないということ。
AED置いてあるだけじゃダメなんです。
使用法、心臓マッサージの訓練を受講した人が居ないと、意味がないということ。

AEDの設置場所を増やすことには大賛成です。
でも、もう少しAEDについて、正確な報道をして欲しいなと、拙い知識で思ったわけで。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キリンチャレンジカップ 日本vs韓国(3-0) | HOME | 松田直樹 死去・・・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。