キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

キリンチャレンジカップ 日本vs韓国(3-0)

圧勝。これほど判りやすい表現は久しぶりです。


さて、完全に出遅れた記事となりましたが、ひっそりと韓国戦の戦評を。

立ち上がり、いつものようにラフプレーまがいのチャージで押してくる韓国。
しかし、3人に囲まれても鬼キープで取られない本田、息をする様にバイタルで
簡単に前を向いてしまう香川。追いかけてくる相手を軽くいなす遠藤。

個々の技術、戦術眼が全て韓国を上回っていました。
前半の途中で岡崎が負傷交代したが、代わって入った清武が見事にフィット。
これには正直ビックリ。センスの良さを感じました。

得点経過は割愛して、圧勝した試合での感想を少し。

攻撃陣は本田、香川が完全にアジアレベルから脱していることを再確認。
キ・ソンヨンの一発レッド物のバックチャージも、よく見ればしっかり先に飛んで交わしてます。
しかし、韓国は相変わらずあんなことばっかりするな。
以前よりは酷くはなかったが、特にキ・ソンヨンは相手を壊そうとするチャージング。
恥ずかしくないのかね。あんなことばっかりしてて。
ま、それでもイエロー貰ってからは、完全に空気と化していました。

とっとと3-0になり、オサレパス大会の様相を呈してきたところで、長谷部、遠藤はお役御免。
変わった、阿部、家長は終始不安定。
特に家長は酷かった。
元々運動量が多くないんだが、それでもボランチの位置にいて、自分のパスミスからピンチ招いてるのに、
ジョグで戻ってくるってどういうこと?
韓国の選手が外してくれたから良かったものの、あれだけでも今後二度と使わんわと思わせるプレーでした。
遠藤、長谷部が変わった途端、中盤がスカスカになって、韓国の攻勢を招いたのは、
今後の大きな課題だし、昨年からずっと言われてる課題でもある。

それに、CBの人材難。
吉田は、相変わらず競り負けてばかり。
オランダ行っても、成長具合が見て取れませんが?
ボランチも問題だけど、CBの不安定さは解消されないですね。
今回は、相手が宇宙開発ばっかりだったので、問題にはならなかったけど、
本当なら、確実に2点は取られてた筈です。

攻撃陣の充実とはうらはらに、守備の問題は暫く引きずりそうです。

9月から始まる3次予選ではその辺の立て直しを重視してもらいたいです。
圧勝した時こそ、問題点をしっかり見つめなくては。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Jリーグチームの特徴 | HOME | AEDについて・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。