キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2014FIFAワールドカップブラジル アジア3次予選 日本vs北朝鮮(1-0)

やはり、3次予選ともなると、簡単には勝てませんね。

試合そのものの内容は、決して悪くはなかったんだが決められない。
そんなジリジリした試合でした。

本田に代わって入った柏木は、まあまあの内容だったんだけど、少し物足りなかったかな。
本田と同じように、前線でキープできないので仕方ないとは思うけど、
前半の李へのパスだけが良かった印象です。
こうなると、遠藤も上がってこれなくなるので、前線の枚数と追い越しが殆ど出なくなり、
李、岡崎、香川、そこにたまに長谷部が加わってくるような感じでした。

その長谷部ですが、さすがにキャプテン。
特に後半に入ってからの彼は凄かったですね。
個人での仕掛けで相手を切り崩して、チャンスをいくつも演出していました。

後半に入ってから、柏木を下げて、清武を投入。
真ん中を香川にして、連携面ではいい感じになりましたが、北朝鮮の体を張ったディフェンスに阻まれます。
特にGKのリ・ミョングッは凄かったです。神が降臨してました。
演技なのかマジなのか判りませんが、足を引きずりながらも決定的なシュートを2本スーパーセーブ。
岡崎と香川のヘッドは普通なら間違いなく入ってた位の良いシュートだったのになぁ。

そんなこんなで、ついに禁断の最終兵器。ハーフナー・マイクを投入。
もちろんパワープレイ要員なんですが、地味に足元も結構うまいので、
使いようは有るとは思うので、ザックは暫く使ってみて下さい。
だけど、あのシュートはポストに当てるんじゃなく、枠にお願いします。

最後は、恒例の吉田祭りで締めくくった北朝鮮戦。
これ、なんてジーコジャパン?

まあ、苦しみましたが最低限の目標である勝ち点3を獲得することに成功しました。
ウズベキスタンがタジキスタンに勝ちましたので、とりあえ同率首位ですが、
アウェイのウズベキ戦を最低でも引き分け、もちろん勝てればそれに越したことはないですが、
負けないように乗り切ってほしいです。

まあ、今の処負ける要素は殆ど無いとは思ってますが、前回のアウェイも苦しみましたしね。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<女子サッカー ロンドンオリンピック アジア最終予選 日本vs韓国(2-1) | HOME | 女子サッカー ロンドンオリンピック アジア最終予選 日本vsタイ(3-0)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。