キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2014FIFAワールドカップブラジル アジア3次予選 日本vsウズベキスタン(1-1)

何とか、勝ち点1を積み上げることに成功しました。
正直、これほど選手達のコンディションが悪いとは思ってなかったので、
予想以上に苦戦をしたなぁ。負けなくてよかったと思いました。

ウズベキスタンは前半早々から、高い集中力で攻勢を仕掛け、
警戒してたジェパロフに、何と前半8分で失点してしまいます。

それにしても、阿部の先発は予想してなかっただけに、あれよあれよという間に失点し、
その後は、いい形でシュートチャンスを多く作るが、それに比して全体が間延びしてしまい、
ウズベキスタンにも良い様にボールを廻されて攻撃を食らうという展開。

しかし、前半の李の2回の決定機は決めてほしかったですね。
今の処、彼は「持ってない」んですかね。
その他、長谷部や駒野のミドルも良いところに飛んでGKもこぼしたが、
なぜか日本選手が詰めてるところには尽くこぼれずに、相手DFのクリアに合ってしまう。


後半に入り、いまいちフィットしていなかった阿部に代えて、清武を投入。
香川も中央に配し、北朝鮮戦と同じ布陣にすることによりペースを掴み、
後半20分に内田からの見事なクロスに岡崎が飛び込んで同点に追いつく。

その後は、ハーフナー・マイクを投入して攻勢を掛けたが、
もうひと踏ん張りが出来ず、このまま引き分け。


川島のビッグセーブが無ければ、もう2点くらい取られてもおかしくなかったので、
今回の出来では、引き分けでも良しとしなければならないかもしれない。
そのくらい、全体の動きが悪かったし、ピッチもデコボコ過ぎて思ったようなパスワークが出来なかった。

それに比べて、さすがにホームのウズベキスタンはピッチ条件を心得てて、
比較的荒れていないサイドを起点にして再三チャンスを演出した。
今野の守備対応が今回は非常に拙かったのもあって、15番のゲインニフにかなり手こずらされた。

改めて、本田が中央でキープすることの重要さが判ってしまう結果となったが、
今回は、長谷部にその役目を期待してフォーメーションを弄ってきたが、
結果として上手くいかなかった。
長谷部がトップ下の仕事を意識し過ぎて、前線の4人と中盤以降の距離がものすごく開いてしまった。
前半はこれが顕著で苦戦の原因となったが、やはり長谷部、遠藤のボランチコンビを崩せないのが
この二人のうちどちらかが怪我したらどうなるんでしょうかと心配になりました。

ま、とりあえず次は約1か月後のタジキスタン戦。
全く情報が無いので良く判らない相手だけど、ウズベキスタンを1失点の抑えているので
そこそこの守備力はあると思う。
本田のけがの完治はかなり掛りそうなので、暫くはトップ下を香川で清武先発の流れになるのでは。

まだ始まったばかりの予選なので、まだまだ新戦力が台頭してくるのを期待しています。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<女子サッカー ロンドンオリンピック アジア最終予選 日本vs北朝鮮(1-1) | HOME | 女子サッカー ロンドンオリンピック アジア最終予選 日本vsオーストラリア(1-0)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。