キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女子サッカー ロンドンオリンピック アジア最終予選 日本vs北朝鮮(1-1)

かなり時期がずれてしまいましたので、試合の感想は程々に・・。

勝てば文句無し、負ければ最終戦にホームの中国との難しい試合。
最低限の結果を残したなでしこが、オリンピックへの切符を手に出来ました。

試合は、終始北朝鮮の運動量(これだけなんだけど、手こずった)に終始圧倒される展開。
北朝鮮のプランは明確で、とにかく前線からプレスを掛け、阪口のところで奪取しての
ショートカウンター。
疲れや、イエロー貰ったら即交代。
ものすごく判り易く、しかし動けないなでしこにとっては非常にキツイ戦術を取られました。

永里のボレーからのオウンゴールでリードした後に、時間稼ぎをしたことを批判する意見が有りますが、
それはあくまでも、同点に追いつかれたからの結果論。
大体、その前オーストラリア戦から、その前に遡ると、W杯の時からやってる戦術なので、
選手が慣れていないってことは有り得ないです。
ただ、疲れが予想以上に酷くて、クリアが中途半端になってしまってました。

なんにせよ、最終戦を残してオリンピックの出場権を獲得したことは、
やはりアジアでは抜けた存在になってきたなとは思います。
なでしこらしい試合が出来たことは全試合を通じて僅かな時間しかなかったんですが、
それでも、粘り強く試合を運び勝利を積み重ねてこれたことが本当に強いなと。

ただ、やはり問題の控え選手の層の薄さは解決されず、
タイ戦に出た、控え組達は結局誰一人としてその後の試合には起用されませんでした。
最終戦の中国戦には出るみたいですが、層の底上げが重要な課題であることが、
改めて監督には付きつけられた感じです。

今大会を通じてコンディションが非常に悪かったのはもちろんですが、
少し気になったのが、自分たちのスタイルにこだわり過ぎるところが有るなと。
特に攻め込まれた後のこぼれ球を拾った後、敵がものすごい近くに居るのにも拘らず、
ショートパスを無理につなげようとして、結局カットされてカウンターって場面が結構ありました。
相手もそれを判ってて狙ってるような節も有りましたので、
状況に応じてロングボールを多用する時間帯も必要ですね。
特に今回は、明らかに阪口が狙われていたので、彼女の状況判断の悪さというか、
引き出しの少なさで、詰まってしまうことが多々ありました。
その辺の戦術プランの確認をオリンピックに向けて改善してほしいですね。

まあ、今日の中国戦、残念ながら地上波では放送されませんが、
控えの選手たちには意地を見せてスッキリと勝ってほしいですね。
期待しています。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<女子サッカー ロンドンオリンピック アジア最終予選 日本vs中国(1-0) | HOME | 2014FIFAワールドカップブラジル アジア3次予選 日本vsウズベキスタン(1-1)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。