キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

U-23 ロンドンオリンピック アジア最終予選 日本vsバーレーン(2-0)

難しい中東アウェイでの試合を、何とか無事に勝ち点3を取ってこれたのは大きかったです。

試合は、予想通り序盤からバーレーンがキック&ラッシュを仕掛けてきて、
日本は少し受けに回って危ない時間帯だったが、上手く試合を切ってセーフティに進めることにより、
20分辺りからは、自分たちのペースを取り戻すことに成功する。

しかし、扇原、山本の両ボランチが執拗に狙われてたのもあるが、
ここにボールが入ったときに停滞してしまい、それならばとSBを使って攻撃を仕掛けるが、
最後のところで相手DFに引っかかることが多く、ジリジリした展開となる。

ボランチのところで相手がプレスを掛けるので、必然的に両SBが比較的高い位置でボールを保持することが出来たが、
比嘉も軽率なプレーだったり、クロスの質が悪かったりと、いまいちチャンスに結び付けなかった。

しかし、相手GKがファーへのボールにしつこく飛びつくことが判ったのか、
後半44分に扇原のCKをバーレーンGKがファンブルしこぼれたところを、大津が上手く押し込んで
良い時間帯に先制点をもぎ取る。

良い状態で後半に入れるかと思われたが、立ち上がりから日本がミスを連発し、
バーレーンに流れを持って行かれそうになったところで、関塚監督はすかさず山口を投入。
この判断はメチャメチャ早かったなぁ。
確かに山本は、後半入ってすぐに2本ぐらいヤバいパスミスをしてピンチを招いたが、
前半はそれほど悪い出来でもなかったので、難しい判断だと思った。
結果的に、守備的な要素は山口を入れたことにより、中盤でのプッシュが増え、少し安定した。

山本は、ピッチ条件が悪い状態なのに、弱いシュートパスばかり使ってたので、
危険と判断されたのだろう、長短織り交ぜる扇原との違いはそこか。

後半22分には、バーレーンがやりたかった筈の、単純なクロスからのこぼれ球を山田がシュート、
さらにこぼれた球を東が冷静に流し込んで、追加点。
失点直後のバーレーンの落胆ぶりを見ると、かなり効いていたようだ。
しかし、ここからが中東アウェイの本番。ラフプレイアタックが始まってしまう。

特に被害が大きかったのは山田で、背後からのカニばさみスライディング(本来一発レッド)
顔面ストンピングと散々な目に合っていた。
幸い大けがには至らなかったようだが、一歩間違えば選手生命にも係るので危なかった。

試合はその後、無理目の放り込みを続けるバーレーン攻撃陣を、鈴木、濱田の両CB、
権田の冷静なプレーで、見事に完封して勝利を収めた。

殊勲の大津は、前半10分位は気負い過ぎの為か、尽くファールを取られてしまい、
流れに乗れなかったが、こういった選手はボールもってナンボなので、
時間が経つにつれて、切れのいい動きを見せて、勝利に大きく貢献できた。
後半は少し疲れていたが、原口、山崎の間に割って入るくらいのパフォーマンスを見せた。

そしてなんといっても安定感が有ったのは東。
清武が居ない今、完全にチームの中心で有り、攻守に貢献して得点力も高いと、
A代表に呼ばれても良いくらいのパフォーマンスになってきた。
あと少しフィジカルの強さが欲しいけど。

残念なのは、ボランチのポジション。
怪我で離脱中の山村を含めて、これといった選手がおらず、
この試合でも扇原がいいプレーを見せたが、あと少し物足りない。
苦しい時に前を向けて、縦に入れれる選手が欲しい所だろうけど、
鹿島の柴崎も含めて、まだまだ試行錯誤が続くポジションだと思います。

次は27日にホームでシリアと対戦。
これに勝てば、殆ど通過が見えてくると思うので、良いゲームを見せて欲しいですね。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<U-23 ロンドンオリンピック アジア最終予選 日本vsシリア(2-1) | HOME | 2014FIFAワールドカップブラジル アジア3次予選 日本vs北朝鮮(0-1)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。