キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2014FIFAワールドカップブラジル大会 アジア最終予選 日本vsオマーン(3-0)

初戦としては、文句の付けようがないくらいの出来でした。(文句付ける気満々のように見える・・)
というよりも、オマーンが予想以上に弱かったのか、日本の個々の実力が予想以上に
上だったのか、おそらくは両方の要素がからんで、守備に関してはクロスかシュートか判らない
のが一本だけという状態。
川島は物凄く暇だったでしょう。

個人的なMVPは前田です。
ようやく、このチームにフィットし始めたのか、Jリーグで見られるようなパフォーマンスが出て来ました。
特にきれいに決まった1点目は前田らしい動きと多様性で先取点を演出し、
その後もすべての得点に絡む大活躍でした。
そりゃ、ハーフナーの出番もない罠と思わせる出来で、FWの第一候補に間違いなく踊り出ました。

次点は勿論、本田。
1点目のボレーは非常に落ち着いており、公言通り点を取ってしまうのはさすがとしか言いようがない。
その他にも、全般において攻守の起点になっており、ちょっと集めすぎかなというくらい本田を中心に
日本代表はボールを上手く散らすことが出来ていた。

気になったのは、遠藤と長谷部の出来。
長谷部も遠藤も簡単なパスミスが多くて、オマーンがボールを奪ってもそれほど攻撃に圧力を
掛けてこなかったので大事に至らなかったが、微妙な状態だなぁと思った。
前述の本田の大車輪も遠藤があまり上手く絡めないので、ボランチの位置まで下がって
ゲームメイクをする場面も多く見られた。
二人のボランチは生命線なのは解るが、こうも調子が悪いとどうだろうか。

次のヨルダンは、初戦はホームでイラクと1-1の引き分け。
試合はミドルシュートの見本市のような試合だったが、アジアカップでも遠藤の軽率な飛込みから
不運なミドルを決められているので、バイタルの守備というのを気を付けなければならないでしょう。

後半、少し復調が見え始めた遠藤をおそらく使ってくるとは思うが、ファーストチョイスが細貝という
選択肢もあるとは思う。
でも、ザックは結構手堅いので、替えてこないだろうな。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2014FIFAワールドカップブラジル大会 アジア最終予選 日本vsヨルダン(6-0) | HOME | トゥーロン国際大会あえなく予選敗退>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。