キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2014FIFAワールドカップブラジル大会 アジア最終予選 日本vsヨルダン(6-0)

最終予選なのに、何でしょうかこの楽勝ムード。

とにかく、オマーン戦とは別人になっていた遠藤を軸に、またもや前半の早い段階に、前田のゴールで先制。
前回のオマーン戦はここから一気にペースが落ちて、2点目までかなり時間がかかったが、
今回は、遠藤と本田が見事な連動を見せて2点目をすぐに奪取。

この2点目は、遠藤のダイレクトスルーパスも凄かったが、本田も素晴らしいダイアナゴルの動きを見せ、
尚且つロシアリーグ最終戦で見せたような、相手に足で競り勝ってのゴール。
膝を怪我してから筋力強化はもちろん、走りにも強化を入れたようで、
完全に新しい本田が生まれつつあるなぁ~と感じましたね。

いきなり2失点し、間違いなく動揺したヨルダンは、ディーブが2枚目のイエローをもらい、前半早々に退場。
この辺で、少しヨルダンのプレーがラフになり始め、吉田が不可抗力とはいえ、右膝の靭帯を痛めてしまう。
プレーの続行は無理なようで、早々に栗原に交代。
吉田は、右膝内側靭帯を痛め離脱という、痛い結果となってしまった。
(予断だが、五輪代表のOG枠に吉田が有力だったがどうするのか・・・)


日本はその後もヨルダンの前線へのフィードや、カウンターの仕掛けの一発目を
ことごとくカットし続け、波状攻撃を仕掛けて、前半で4-0のスコア。
BS解説の福西氏も言っていたが、このように攻撃の一歩目を潰され続けると、
攻撃陣もそうだが、DF陣も非常にやる気が失せてしまう。
唯一、後半開始時から5分くらいは少し引いてしまって、ヨルダンに攻め込まれたが、
その後は良い出足で攻撃の目を摘んで危なげないディフェンスだった。

退場者も有り、結果的に6-0の大差での勝利。
正直ここまで大差が付くとは思っていなかったので、うれしい誤算です。
2試合終えて、勝ち点6、得失点差+9という物凄い数字。

そしてそして、次の相手のオージーがなんとオマーンに0-1で敗れました。【←訂正:0-0のドローでした】
かなりがっくり来てる筈だし、これはまさかの3連勝あるかも・・・。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<EURO2012 グループC スペインvsイタリア(1-1) | HOME | 2014FIFAワールドカップブラジル大会 アジア最終予選 日本vsオマーン(3-0)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。