キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2014FIFAワールドカップブラジル大会 アジア最終予選 日本vsオーストラリア(1-1)

最後はズコー ○|_| ̄っとなりましたが、引き分けは最低限の出来で良かったと思います。


試合は、序盤にOGが予想以上の猛攻をというか、放り込み合戦を仕掛けて主導権を取りにくる。
日本はここで少し受けてしまって、尚且つセカンドボールが拾えない悪循環で、
ここで失点しなくてホントに良かったと思います。

それにしても、予想できた事ではあるんだが、放り込みしかしてこないんだな~と。
あれ、中盤の選手必要ですか?
中盤、サイドバックは全てロングボール蹴りこみ要因かと思うくらいでした。

但し、日本は残念ながらそれを跳ね返す事は殆ど出来なかった。
特にケーヒルには全敗だったんじゃないでしょうか。
ケーヒルもポジショニングが上手く、必ず今野と競り合うようにしてたのもあるが、
それにしてももうちょっと何とかならなかったんでしょうか。

15分も過ぎるとOGもペースが落ち始め、徐々に日本が盛り返し始める。
粘り強く出し入れを繰り返すが、OGディフェンス陣も中々固い。
膠着状態のまま後半に入り、後半11分にミリガンが2枚目のイエローを貰い、
10人なったOGを日本は攻め立てる。

そして、散々繰り返したショートコーナーから、本田が深くドリブルで侵入し、
中央へグラウンダーのクロスを栗原へ、これを冷静に決めて待望の先取点。
試合後のインタビューで、本田がOGはショートコーナーを嫌がる旨の発言をしていたが、
まさにスカウティング通りに事が運んだ素晴らしい得点でした。

ここで一気に試合は日本ペースに傾き、追加点も間近と思われたが、
なんとCKで内田の守備がファールを取られ、PK献上・・・。
スローで見たら確かに抱え込んでるが、これまでのCKでも同様のプレー以上の競り合いがあったのに、
ここで満を持して取ってくるとは・・。完全に帳尻あわせでここでPKとってやろうという魂胆が、
見え見えのひ酷いジャッジでしたね。

その後は、栗原も不可解な判定で2枚目のイエローを貰い退場。
7枚もイエローが飛び交う試合は、結局双方痛み分けのような形でドローとなりました。

それにしても、審判のことはあまり悪くは言いたくないところだが、この日の審判は酷かった。
調べたら、主審のアルガムディ氏はイエロー連発することでも定評がある主審。
まあそれよりも問題なのは、明らかに自分のミスジャッジを帳消しにしようと、
帳尻合わせのジャッジを露骨に行うこと。
日本もこの主審の情報は持っていたとは思うが、それ以上に荒ぶられてはどうしようもない。

全体的に日本選手の出来は良かったが、ちょっと気になったのは香川。
調子良いからなのか不明だが、シュート出来るタイミングでももう一つ仕掛けて行き、
結果シュートを打てなくなることが結構あったような気がする。
なんか、非常にボールも取られないし、良い場所で前を向けて仕掛けられるんだけど、
こんなもんじゃないという思いが強過ぎて見てしまうからでしょうか。


ま、この試合のことはもう忘れて次のイラク戦。
9月なので余裕は有りますが、今野、栗原、内田が出場停止なので、
CBの候補を急募といったところでしょうか。
吉田は重症でない限りは間に合うでしょうし、コンビを組むのはだれなのか。
今のところのザックの序列では伊野波が候補になるとは思いますが、どうなるんでしょうか。
幸いホームでの試合となるので、ここできっちり勝っておきたいですね。

スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<EURO2012 グループB デンマークvsポルトガル(2-3) | HOME | オーストラリア戦展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。