キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

EURO2012 準々決勝 イングランドvsイタリア(0-0)【2PK4】

正直、流れ的にイングランドがPKで勝ってしまうのかな~と思ってましたが、
流石にあの内容でイングランドがベスト4に行くことは、許されなかったということでしょうか。

試合はいきなり3分にデロッシが右サイドからのクロスを左アウトサイドに思いっきり引っ掛けてミドル。
これは惜しくもポストに阻まれて先制ならず。
イタリアの流れになるかと思われたが、その直後の5分には同じく右からのクロスが中央にこぼれたところを
ジョンソンがシュートするが、これはブッフォンが間一髪左手一本でセーブする。

このプレーから10分ほどはイングランドの時間帯になったんだが、
次第にイタリアもポゼッションを上げて攻め立てるが、バロテッリが相変わらず良いところで決めきれず、
圧倒的にイタリアペースをイングランドが最終ラインではじき返すという、
一昔前なら考えられない展開で前半を終了する。

後半も、変わらずイタリアがポゼッションで圧倒しつつ攻め立てるが、それもそのはずで、
イングランドはハーフウェイライン超えても特にプレスを掛けず、
ひたすら最終ライン付近に人数を掛けてボールを刈り取って、散発のカウンターを仕掛けるのみ。
それも特に後方から連動してサイドバックが上がってくるわけでもなく、ルーニー頼みのみ。
交代で入った190cm超のキャロルも有効に生かすことが出来ない。
本当は、ペナルティエリア付近で競らせたい筈なんだが、なぜか下がってきてフリックするのみ。
唯一後半終了付近に左からのクロスを、中央のルーニーに折り返せたが、
ルーニーのオーバーヘッドはつま先にヒットしてしまい、枠には飛ばず。

消耗戦の様相を呈してきた延長戦もイングランドが何とかしのぎきりPK戦へ。
PK戦はこの試合初スタメンで、中々良いプレーを見せていたモントリーボが外してしまう。
流れはイングランドに傾きかけたが、ここでピルロがなんとチップキックでゴールを決めてしまう。
ここで、それまで良いリズムだったイングランドが少し崩れ始め、
続いてのヤングのPKはクロスバーに当たり、A・コールのPKをブッフォンが見事にキャッチ。
最後はディアマンティが冷静に流し込んで、イタリアの勝利に終わった。

イタリアは次は優勝候補のドイツとの対戦。
守備の強固さはイングランドと同等クラスだと思われ、尚且つ攻撃の鋭さは比較にならないほど有るので、
日程の不利さも有って、かなり苦しい展開になりそうです。
スポンサーサイト

EURO2012 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<EURO2012 準決勝 ドイツvsイタリア(1-2) | HOME | EURO2012 準々決勝 スペインvsフランス(2-0)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。