キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

EURO2012 準決勝 ドイツvsイタリア(1-2)

ダントツの優勝候補相手にどのくらいイタリアがやれるのか。
試合前の大方の予想はこんな感じでした。

ただ、終わってみると、本当の意味で「守れる」相手に対した時に、
ドイツの攻撃のバリエーションの無さが浮き彫りになった試合でした。

試合は、最初の15分まではドイツが優勢に進める。
5分にはCKからフンメルスが上手く当てるが、ピルロが間一髪でゴールライン際で止める。
さらにケディラ等がミドルシュートを浴びせるが、ブッフォンが尽くセーブして序盤をしのぎ切る。

15分を過ぎた辺りからイタリアも徐々に前進し始め、モントリーボ、カッサーノらのミドルで
流れを引き寄せる。
そして、20分。キエッリーニが左サイドに流れてきたカッサーノにパス。
カッサーノは寄せてきたドイツDF二人の甘い寄せを巧みに躱し、左足で中央にクロス。
バロテッリが上手くバドシュトゥバーの裏を取ってヘディングシュートを突き刺してイタリアが先制。

この試合、カッサーノの状態が非常に良くて、今回のEUROの試合で一番の出来だったと思う。
後半途中にさすがに疲れが出て交代したが、ドイツDFが対応に非常に困ってる感じが見受けられた。

思っても居なかった先制点を取られたドイツは、攻撃の手を休めることなく続けるが、
どうにも散発な攻撃に終わってしまい、リズムに乗れない。
そして、ドイツがやや前がかりになった36分に、イタリアが電光石火のカウンターを見せる。

CKのこぼれ球を左サイドで受けたモントリーボから、中央で上手くけ出したバロッテリに
見事にパスが通る。
今大会、何度もこのようなシーンがバロテッリには有り、その度に外してしまっていたが、
今回は先制点を取って吹っ切れたのか、右足で豪快なミドルを突き刺す。
これにはさすがのノイアーも為す術がなく、大方の予想を覆しイタリアが前半で2点リードとなった。

この2点目からドイツが急におかしくなり始め、攻撃がいきなり停滞し始める。
後半開始からドイツはクローゼ、ロイスを投入し猛攻を仕掛けるが、
3分過ぎのラームの決定的なシュートも枠に飛ばず、徐々にドイツの攻撃に威力が無くなり始める。

これは見ててちょっとびっくりしたが、明らかに後半15分過ぎた辺りから、ドイツの選手に動揺が見られ、
攻撃も守備もチグハグさが目立つようになった。
ドイツと言えば、
ゲルマン魂と称されるように精神的な逞しさがよく言われていたが、これほど脆いとは思わなかった。

イタリアも再三追加点を決めるチャンスが有ったのだが、ディアマンティ辺りが欲を出し過ぎて、
追加点を取って試合を決めてしまうことが出来ない。

後半ロスタイムにお情けのようなPKを貰って、ドイツが1点差になったが、
スコア以上に試合運びや、経験の差が違いすぎる結果となったように思う。

しかし、イタリアは気力も充実しているのか、皆絶好調。
特にピルロは全試合を通じて好調を維持しており、疲労を心配してしまうほど。
この試合でも、2点目取った以降は追加点を取りに逸る味方を上手くコントロールしたり、
ピルロがボールを肘した際に、ドイツの選手がパスを警戒して身構えた一瞬を見逃さずドリブルで仕掛けたりと、
縦横無尽の活躍を見せてくれた。

そして、この試合でも見事な守備を見せてくれたイタリア。
ドイツが散々クロスを上げ続けたが、一度たりともマークがずれて外れてしまうことが無かった。
まあ、ドイツの動きの問題も多少あるが、それにしても大変参考になります。
アタック&カバー、スペースへのカバー、2列目、3列目へのマークの受け渡し。
この試合では全てが思い通りに出来たんじゃないでしょうか。
選手達も守ってて物凄く手応えを感じる守備だったと思います。


1日の決勝は、奇しくも今大会のベストゲームと思ってる、グループC初戦と同じスペインVSイタリア。
イタリアは初戦のようなプレスを掛け続けるコンディションでは無さそうですが、
スペインも決して万全ではないので、バロテッリの覚醒次第ではイタリアがってこともあるかも?
スポンサーサイト

EURO2012 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<EURO2012 決勝 スペインvsイタリア(4-0) | HOME | EURO2012 準々決勝 イングランドvsイタリア(0-0)【2PK4】>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。