キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

EURO2012 決勝 スペインvsイタリア(4-0)

4-0。これが今のスペインとイタリアの差だろうか。
そうは思いたくないが、明らかに決勝に勝ち上がった両チームのパフォーマンスには差が有った。

イタリアは、やはりグループリーグ初戦で見せたようなプレスは掛けることが出来ず、
ドイツ戦で見せたような少し引いて守る戦術を取らざるを得なかったようだ。
やはり7日間で3試合というのはかなり厳しかったか。

グループリーグの時には最後の所で止められていたスペインの攻撃を、イタリア守備陣は止められない。
スペインは、初戦では少し手を抜いていたと言う人がいたが、私にはそうは見えなかった。
むしろ初戦とほぼ同じパフォーマンスだと思ったし、決勝まで勝ち上がってきて尚、
初戦と同じようなパフォーマンスを見せられるスペインには本当に驚いた。

試合は、14分にイニエスタからのパスを受けたセスクが、右サイドで縦に仕掛ける。
ゴールライン際からマイナスのクロスを上げたところにシルバの頭がドンピシャでヒットし、
あっという間にスペインが先制点。
これは凄かった。シルバに合わせたのか、その後ろのシャビに出したのかは判らないが、
タイミングが早すぎて、イタリア守備陣は全く反応することが出来なかった。

そしてイタリアには不運が襲う。
ここまで、非常に集中した守備を見せていたキエッリーニが負傷離脱。
クロアチア戦で唯一度だけマークがずれて失点を許した以外では、ほぼ完ぺきな守備を見せていただけに、
イタリアにとってイタイ交代となってしまった。

これが影響したかは判らないが、41分にはアルバが、およそ60m位を一気に駆け上がって来て、
シャビの絶妙な高速スルーパスを受けて、難なく追加点をもぎ取ってしまう。
これ、見ててまさかパスが通るとは思ってなかっただけに、残念だった。

この2点目はいくらイタリアと言えども少し堪えたようだ。
中盤が少し間延びし始め、3点目がいつ取られるかとヒヤヒヤしたまま前半終了。

後半開始から、イタリアはカッサーノに替えてディナターレを投入。
グループリーグ初戦の再現と行きたかったが、数度あったチャンスもディナターレは決められず、
流れがスペインに行きかけたところで、モントリーボに替えてモッタを投入。

し・か・し、そのモッタが交代して直ぐに肉離れで戦線離脱・・・。
2点ビハインドで10人になり、交代枠を使い切った。
これほどの無理ゲーがどこにあるのだろうか。

この日の決勝戦はとにかくイタリアのやる事なす事全て裏目に出てしまっていたね。
万全のコンディションでも、それでも少し部が悪いくらいの相手なのに・・・。

とにかく、スペインもその時点でペースを落とし始めて余裕のパス回し。
しかし、後半30分に全く空気を読まないトーレス大師匠が登場し、場を荒らしまくる。
気持ちをギリギリつないでいたイタリア守備陣を切り裂いて、あっさりと3点目を取ってしまうと、
もう完全にお手上げ状態のイタリアから4点目をアシスト。
これで、なんと得点王(同率が複数人居たが、アシスト、出場時間の短さで)をゲット。
トーレスさんどーでもいーところで、仕事し過ぎです。


という訳で、応援していたイタリアが、決勝でまさかの虐殺に合う形で今回のユーロは幕を閉じました。
結局スペインは総得点12、失点1というぶっちぎりの強さを見せつけることになりました。
攻撃力が注目されがちですが、何気に守備も固い。
まあ、あれだけポゼッションで相手を上待ってるから、攻撃される時間も少なくなるのは必然です。

ドイツは準決勝で敗れて良かったかもしれません。
4点までは取られやしませんが、2~3点は取られてしまうし、イタリア以上にポゼッションされてしまったでしょう。

成熟を見せるスペイン、新たな形を見せ始めたイタリア、まだ若いドイツチーム、
そしてついに代表でその力をハッキシタCR7率いるポルトガル、
個々の力だけでは全く通用しなかったオランダ、またもや内紛に散ったフランスと
色々な見どころが有ったEURO2012。楽しかったです。





最後にとても印象に残ったこと。

イタリアの国歌斉唱。
皆全力で大声で自国の国歌を誇りを持って歌ってる姿に私は感動しました。
在りし日の(カズ、ゴンが居たころの)日本代表の姿を重ねました。
あの時は日本代表はまだまだ世界と戦える力が無かったが、
自国の代表であるという誇りは、現代表の数倍も有ったかと思います。
今の技術レベルと、あの誇りを持って戦う姿が融合したときこそ、
頂点を目指す準備が出来た時かな~と。
スポンサーサイト

EURO2012 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<五輪代表メンバーについて | HOME | EURO2012 準決勝 ドイツvsイタリア(1-2)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。