キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ロンドン五輪(男子) グループステージ 第1戦 日本vsスペイン(1-0)

ん~、何とか勝てましたね!
後半、何度となく決定的なチャンスを作りながら、尽く外しまくっていたので、
こりゃマズイ流れだわと思っていましたが、スペインの攻撃が思っていたよりも大分迫力が無く、
最後はあのスペインにパワープレイまでさせての勝利となりました。

さすがにA代表レベルの攻撃力はU世代のスペインには無かったようです。
それでも、相手が一人少ないながらもボールを支配されましたが、
(まあ、無理に取りに行かなかったのもありますが)
事前にメキシコとやったのが良い練習になったようで、ブロックの前で廻されても、
必ずバイタルを経由して攻撃するので、そこを刈り取れば良いという意識が浸透していました。

そして、なんといっても永井の攻守における獅子奮迅の活躍が目立ちました。
惜しむらくは得点という結果が欲しかったんですが、退場者を一人出させたので十分仕事は果たしたと思います。

まさに戦前からのプラン通りに事が運び、スペインをイライラさせてしまうほどに
チーム全体のパフォーマンスが高かったですね。
ただ、大津、酒井と怪我を負ってしまったのは誤算ですね。
大事に至らなければ良いと思いますが、酒井のほうが心配ですね。
かなり嫌なひねり方をしましたしね。
非常にパフォーマンスが良かっただけに、怪我が軽いことを祈ります。

アクシデントによる交代だったとはいえ、交代で入った齋藤、酒井高徳が両者共に精彩を欠いていて、
危うい場面もありましたが、齋藤が清武を再度を変わったことで何とか落ち着き、
酒井高徳は終始危なっかしかったが、決定的なピンチは招かなかった。

これでまず大事な1勝を得たが、まだグループステージの突破が決まった訳でも何でもない。
2勝1敗で散ったアトランタ五輪のことも有るので、次のモロッコ戦まで時間が無いが、
良い準備をして何とか次でステージ突破を決めたいところです。



スポンサーサイト

ロンドン五輪 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第28回石川県ジュニアサッカー大会 U-12 | HOME | ロンドン五輪(女子) グループステージ 第1戦 日本vsカナダ(2-1)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。