キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際親善試合 日本vsフランス(1-0)日本勝利!

いや~、朝早くから起きてて良かったです。

内容は、完全にフランスものだったんだけど、それでも耐えきるところに、
11年前とは違う成長が見て取れました。

フランスは前半から飛ばしに飛ばして、2-0位にして後半を流す予定だってろうが、
チャンスはたくさん作るが決定力に欠けてしまい、
そうこうしてるうちに、日本が徐々に対応してきたのが誤算だったようだ。

正直、前半3分のCKで、フリーでヘッドされた場面で決められていたら、
全く違う展開になっていただろうが、今回は日本に運も味方してくれたようだ。


後半に入って、予定通り?メンバーを代えてきたフランスだったが、
逆に日本が息を吹き返してきて、途中交代で入った乾の積極的な仕掛けからのシュート辺りから、
徐々に日本もペースを握り始める。
試合は一進一退となり、後半終了間際にフランスのCKのこぼれ球を拾った今野が
中央をドリブルで爆走。
後半から、再三鋭い上がりを見せていた長友が、なぜか右サイドに駆け上がってきており(笑)
今野が長友にパス。ダイレクトで中央に折り返して、待っていた香川が値千金のゴール。

このプレー。久々に見た見事なカウンター攻撃だったが、
完全に香川のデザインプレーが嵌ったので、見ていて爽快だった。

あの場面、今野が中央でドリブルしているとき、香川は右サイドにおり、
今野に背中越しに右サイドのスペースに出すよう手で指示を出していた。
今野が出す直前に香川は中央にダイアゴナルを実行し、CBを一旦中央によせる。
しかし、右サイドでフリーの長友にパスが出た為に、そっちへ対応しようとして、
一瞬長友のほうへ重心が傾いてしまう。

しかし、長友がダイレクトで折り返した為に、わずかに中央でスペースが出来た香川が、
見事に合わせてゴールが生まれた。
カウンター一閃とはまさにこのようなことだなぁと思いましたね。

今回、勝利は得られましたが、まだまだ実力的には差が有ることは見て取れました。
しかし、その差は11年前よりも遥かに縮まっており、
フランスと言えども気を抜いていたら負けてしまうことを世界に知らしめました。
正直、フランスのホームで勝てたことが何よりも重要です。

やはり、戦前の報道から見ると日本は舐められており、
W杯でベスト16に入ろうが、やはりアジア国は全体的に格下に見られ続けているのが現状です。
しかし、今回相手のホームで勝利を得たことにより、
今後のマッチメイクにおいても非常に有利に働くことが予想されます。

W杯アジア最終予選が完全にイージーモードになりつつあるので、
今後はコンフェデも含めて、強豪国とのマッチメイクがどれだけできるかが、
ブラジルW杯での躍進のカギとなると思います。


この試合では予想を覆し、酒井が右サイドバックに入りましたが、
正直余り良い出来とは言えませんでした。
まあ相手にしているのが相手なので仕方ない場面は有りましたが、
CK時の高さ要因位しか守備時には役に立てませんでした。
攻撃は全くと言っていいほど駄目でしたね。
チョット高い位置取りすぎて、味方との距離が離れすぎてしまっていて、
前半のマイクに上げたクロスくらいでしたね。良かったのは。

それに長谷部がやばいかもしれない。
圧倒的に試合勘が無さ過ぎてパスミスは多いし、守備時にも一歩二歩出遅れてるので、
攻守の切り替え時のファーストアタックが全部交わされてしまっていました。
前半は特にそれで縦に早く運ばれる事になり、非常に苦しみましたね。
変わって入った細貝もそれほどいい出来でも無かったですが、
今の状態では、今後は厳しいかも知れませんね。

ワントップに入ったマイク、そして本田の代わりの中村ですが、
正直あまり起点にはなれませんでした。
前田、本田がどの程度この相手に出来るのかを正直見たかったが、
両人共に怪我なので仕方ないですね。
ブラジル戦は本田は出られるんだろうか。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際親善試合 日本vsブラジル(0-4)日本完敗・・・ | HOME | 2014FIFAワールドカップブラジル大会 アジア最終予選 日本vsイラク(1-0)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。