キャプテンの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際親善試合 日本vsブラジル(0-4)日本完敗・・・

今のブラジルの攻撃力から言ったら、3点は取られるかなとは思ってましたが、
予想を遥かに上回る攻撃力で、粉砕されました。

正直、後半の中ごろからはブラジルは明らかに流し始めていましたが、
それでもカウンターでキッチリ得点を奪ってしまうところは抜け目なかったです。

1失点目は、あの距離でトゥキックシュートが飛んでくるとは思いませんでした。
見事にドライブがかかっていて、ワンバンのボールに川島は対処できませんでした。
2失点目はちょっともったいなかった。
まあ、あれはPK取られても仕方がないかな。
あれを取ったんだから、後半の本田のヤツ取ってよね、主審・・・。

3失点目は不運というか、それ以前にCKを確か長友かな?が被ってしまっているので、
守備対応で後手に回ってる状況でOGとなりました。
そして、一番やっちゃいけない4失点目。
確か、吉田が不用意に楔を入れようとしたところをカットされて、カカにカウンターで決められたのですが、
一番やってはいけないパターンですね。

その他にも、日本はチョット精度を欠いたパスが多かったですね。
ブラジルに上手く守られていることも影響してますが、
自分たちのミスからカウンターを食らっての繰り返しでしたので、
攻撃のリズムというか攻守のメリハリがどうにも纏まらない感じでしたね。

攻守においてのコンパクトさが無い為に、守備時に後手後手にまわされてしまい、
判っていても簡単なワンツーが止められなくなっていました。
サイドで一人に対して二人で挟みに行くが、簡単にいなされて中に通され、
出し手がその折り返しを受ける。
このパターンで何度ピンチを迎えていたことか。

1対1の守備力をもう少し上げるか、バイタル付近の守備の連動性をかなり高めないと、
あのような相手には簡単にやられてしまっていましたね。

攻撃に関しては、そこそこやれている時間帯が有りましたが、
ブラジルが受けているような感じにも見えました。
CBの二人が中央からあまり動かずに、中に来た時に跳ね返すことを意識していて、
それはやはりサイドの守備力が高いから出来ることなんだなぁと思いましたね。

やはり、本田、香川、長友はある程度は渡り合えていました。
特にザックジャパンになってから初のワントップ器用となった本田は、
フィジカル、テクニック共にかなり善戦していました。
逆に言えば、今の日本には本田以上にワントップを張れる選手がいないことが証明されました。

戦術的にそれでいいかどうかは、ザックがこの試合をどうとらえているかにもよりますが、
攻撃陣が殆どベストの状態でも、ブラジル相手には得点できなかったことは
今後のコンフェデまでには、ある程度解決策を見出さないといけないことだとは思います。

ブラジル相手に全力で殴り合いを求めた結果がこれなので、
しっかりと課題が浮き彫りになったとは思います。
こういった圧倒的な強者との試合を重ねないと、経験値が溜まっていかないので、
是非、このような強化試合を続けてほしいです。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<2014FIFAワールドカップブラジル大会 アジア最終予選 日本vsヨルダン(1-2) | HOME | 国際親善試合 日本vsフランス(1-0)日本勝利!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

今のブラジルの攻撃力から言ったら、3点は取られるかなとは思ってましたが、予想を遥かに上回る攻撃力で、 …
2012-11-25 Sun 12:27 まっとめBLOG速報
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。